おにぎり、おむすび、さて違いは

おむすびころりん

おにぎり、おむすび、握り飯の違いは「ありません」
一部の地域で諸説あり、通説では東日本では「おにぎ
り」で、西日本では「おむすび」とされることもある。

僕は、小学校の遠足の時にいつもおふくろさんに
頼んで特大のおにぎりをつくってもらいました。

おふくろは「これだけでいいの、おかずやお漬物は
どうするの」と聞いてきます。

僕は、おにぎりの中に 梅干し、海苔のつくだ煮
昆布を3か所に入れて、タクワンと大好きな卵焼きを
を別にして欲しいとお願いして、持っていきました。


おにぎり

このおむすびを平らげることによって、早く昼食を
すますことができるので、遠足での自由時間を目
いっぱい楽しめるからです。

もちろん、おふくろさんのおにぎりは、三角の形で整え
とてもおいしいので僕の遠足の時の定番品になりました。

今でもおにぎりと卵焼きは大好きで、ときどき海苔で
まいたり焼きおにぎりにして、いただいてます。

さて、そのおにぎりですが、広辞苑では

  • おにぎり【御握り】にぎりめし。おむすび。
  • おむすび【御結び】握飯(にぎりめし)のこと。
  • にぎりめし【握り飯】握り固めた飯。むすび。おにぎり。

と書いてあります。

結局、呼び方が違うだけで、「おにぎり」「おむすび」
「にぎりめし」は、同じものを言っています。

元々は、残ったご飯の保存としてつくったり、持ち歩き
の便利さで発達したものです。

 

おにぎりの歴史


焼きおにぎり

おにぎりの歴史は非常に古く、弥生時代からの集落の
遺跡から、人の手に握られた痕跡のある塊(かたまり)
が出土し「最古のおにぎり」として報道された。

現代型のおにぎりの起源は、平安時代の「屯食」(とん
じき)という食べ物だと考えられている。

握り飯は古くから戦場の兵糧(携行食)として大いに
重宝された。

日本人のソウルフードのおにぎりは、海苔をまくと手に
米粒がつかないで食べられるようになり、海苔はおにぎ
りに欠かせない食材になった。

明治18年(1885年)には東北本線宇都宮駅で初めて
売られた駅弁がおにぎりだったとの事です。
梅干し入りのゴマ塩のおにぎりでタクアンを竹皮に
つつんで販売したそうです。

1950年代にスーパーマーケットで販売され、その後は
コンビニでも販売、おにぎり専門店までが登場しました。

1978年には、セブンイレブンが「パリッコフィルム方式
を開発して、今までしっとりしていた海苔が、パリッとした
食感になり、コンビニの主力商品になった。

 

おにぎりの種類

おにぎりの形には4種類あり

  • 三角形:関東地方発祥といわれ、高さの無い三角柱の形。
  • 俵 形:米俵と同じ形。
  • 円 形:主に東北地方で見られる、高さの無い円柱形。
  • 球 形:九州に多い、手まり形。
  • その他にも四角形や梅の花形、星形など型に入れてつくる
    場合は様々な形のものがある。

 

おにぎりのは、白飯と相性の良いもので味が濃く、防腐
意味も含まれている、梅干しや削り節、昆布の佃煮が昔から
の定番です。

おにぎりの中に具を入れない場合は「塩むすび」と呼ぶ。
これも好きです。

2014年の日本での調査では、好きな具は
鮭、梅干し、明太子、ツナ、昆布、たらこ、かつお、高菜漬け
などの順番だった。

TV番組の「裸の大将放浪記」で主役の山下清がいつも大きな
おにぎりを美味しそうに食べている姿が目に焼き付いています。

大阪に出張したときに大阪駅の地下の食堂で初めて「天むす」
食べて感激したことを思い出します。


天むす

あなたも、おにぎりの想い出がありませんか。
これからも、日本人の必ず食べたくなる食のひとつですね。

 

参考:ごちクルおにぎりJAPAN日本おにぎり協会Wikipedia